生活

初めての老眼鏡、100均のダイソー、セリアで1.0、2.0、3.0を買ってみた

まだ老眼じゃなかった頃、老眼の人が眉間にしわを寄せて目から遠ざけて見ているのが全く理解できなかった。だがしかし、僕にも来てしまったのだ老眼が。正式には老視(ろうし)というらしいが、そんなことはどうでもいい。

遠ざけたほうがよく見えるなんておかしい。でも事実だった。なんでこんなに細かい字で書くんだよって言いたいことがよくある。そんなときはスマホのカメラで拡大したりしていた。

日常生活では特に困ることはなかったが、老眼鏡が欲しくなるという瞬間が明らかに増えてきたのは事実。新聞の文字は何とか読めるがぼやけている感じがあり、新聞内の広告の細かい文字は読めないものもある。

というわけで、人生初の老眼鏡を買おうと思ったわけ。いろいろ調べてみると眼鏡屋で作った方がいいみたい。でも僕はひねくれ者だからウェブサイトでおすすめされるほど疑ってしまう。(高いもの売りつけようとしてんなとか)

まだお試しでいいやっていうことで100均で買うことにした。

ダイソーとセリアで老眼鏡を買ってみた

まずはダイソーへ。さすがダイソー、種類はたくさんある。度数は1.0から1.5、2.0、2.5、3.0、3.5、4.0まであった。たいした知識もなく買いに行ったのでどの度数を選べばいいのかわからなかった。

とりあえず1.0と2.0と3.0を買ってみて試してみようと思ってダイソーでは2.0と3.0を買った。ダイソーの老眼鏡はデザインもいろいろな種類があったがシンプルなデザインのものが欲しい僕には好みのものが少なくて種類が多い分どれを買うかとても悩んだ。

ダイソーで買った3.0の老眼鏡

ダイソーで買った2.0の老眼鏡、ちょっとデザイン違いにしてみた。金属フレーム。

次にセリアへ1.0のものを買いに。セリアはダイソーに比べて種類は少なかったが僕好みのシンプルデザインのものがあって全く悩まずに1.0の老眼鏡を購入した。ダイソーで悩んだ時間の10分の1くらいの時間で即決した。セリアのセンスで勝負してるところが僕は好きだ。

セリアで買った1.0の老眼鏡

初めての老眼鏡、100均で買うなら1.0がいい

ダイソーとセリアで1.0、2.0、3.0の度数のシニアグラス(老眼鏡のことね)を買って新聞を読んでみた。

1.0で十分だね。

結論はでた。初めて買うような人は100均の1.0を買っておけば十分だ。2.0とか3.0は大きく見えるがずっとかけ続けていると気持ち悪くなってくる。こんなきついのが必要になる日が来るのだろうか?多分来る。

100均の老眼鏡ってどうなの?

ダイソー、セリアの老眼鏡ともに意外としっかりした作りで見た目で100円だと判断できる人はまずいないだろう。いや100均マニアならデザインだけで気付くかも。にしても100円なら満足だ。

僕の場合まだ老眼鏡を使う時間があまりないので100均の老眼鏡で十分だが、生活に支障がでるくらい老眼が進んだ場合は眼鏡屋でちゃんとしたものを作ってもらおうと考えている。

まとめ

・初めての老眼鏡は100均の1.0で十分
・針に糸を通すなど短時間で細かい作業使用なら2.0
・お金に余裕があれば眼鏡屋へGO

初めての老眼鏡は100均の度数1.0をとりあえず買っとけ。これが結論。満足できなければ眼鏡屋で値段が100倍以上する眼鏡を作って大事に使えばいい。

ダイソーはたくさん種類があるけど無駄にデザインされているものが多くあまり好みのものが見つけられなかった。僕的には種類は少なかったけどセリアの老眼鏡のほうがデザイン的に好きだ。

正直な感想だが初めての老眼鏡はすごくよかった。100均だけど。小さい文字がくっきり見えることがこんなに快適なんだと思った。それにしても老化が進んでいることを実感させられてなんとも複雑な気分になった・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です