雑記、コラム

韓国語ハングルを翻訳。お土産の袋めんの作り方教えて!

娘が友達からお土産をもらいました。韓国の袋めんだったので、友達が韓国に行ったのかと思ったら大阪に行ったときのお土産らしいのだ。

僕は知らなかったのだが、大阪にはコリアンタウンてのがあってどうやらそこのお土産みたい。

で、この袋麺なんだけど作り方が韓国語だからさっぱり分からなくて・・・。

こんな時はやっぱりグーグル翻訳かなと思って調べてみた。

グーグル翻訳のカメラ機能で韓国語(ハングル)の読み取りしてみた

表面の文字は読み取ってくれなかった。。。

作り方がわかればいいのでまあいいか。

写真がうまくとれてないが一番最初の600mlしか分からない。

しかも、3種類も小袋があって、コレいつ入れるんだっていう疑問が

というわけで
iPhoneでグーグル翻訳のアプリを使ってみた。

左側の「言語を抽出する」のところをタップすると言語が選べる。「言語を抽出する」でもOK。右側は日本語にしておく。

「韓国語」を選ぶ。

カメラ入力を押す。

リアルタイムにしておく。

実際に袋麺にカメラを向けると

おお、日本語になってる!

なになに

どうやらこの商品は「オリーブチャパゲティ」というものらしい。

翻訳がいろいろとツッコミどころが満載なのだがここではスルーしておく。

カメラをちょっと動かすと見え方や翻訳がけっこう変わって読みにくいのだがなんとなく作り方はわかる。

600mlって書いてあったのに500mlになってるのが気になるが・・・。

読み取ったことと作り方の絵からなんとなくわかった作り方が

1.水600mlを沸騰させて麺とかやくを入れ5分煮込む
2.お湯を8杯程度残して捨て、顆粒スープとオリーブを入れ混ぜる。
3.お好みで野菜を加える

いやいやグーグル翻訳すげーよ。最初は600mlしか理解できなかったけど、これだけ分かれば十分作れるよ。ゆで時間5分が分かっただけでもすごいと思う。

2のお湯8杯がよくわからずオリーブチャパティの作り方で調べてみたらスプーン8杯のことだった。

スプーン8杯もあいまいで意味不明だけどね。

まとめ

申し訳ないが、作ってる写真とかできあがりの写真はない。

僕は食べていませんが、娘は「うまいうまい」と言って食べていたのでインスタント麺好きならいける味かも。

お土産的にもアリかな。

チャパゲティ、通販とかでも買えるけどこの値段なら袋焼きそばのほうがいいな~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です