雑記、コラム

アサンテに無料点検してもらいました。JA(農協)の名前出すのずるくない?

シロアリ対策で有名なアサンテに無料点検してもらいました。

もちろん?本契約はしませんでしたけど営業の手口がなかなか見事だったのでどんな流れだったのかを紹介します。

最初に言っておきますが、アサンテの営業さんは強引に話を進めて契約させるようなことはありませんでした。記事では口悪く言っていたりしますがアサンテが怪しいと言っているわけではありません。

ウチに来たアサンテの営業マンはとてもさわやかで感じのいい人でした。

いきなり訪問してきた

先週の日曜日、いきなりアサンテの営業マンがやってきました。

詳しい会話のやりとりは忘れてしまったのですが、最初にアサンテという自分の会社名を言わずにJAの名前を出してきました。

たしかにJA(農協)と提携しているみたいなんですが、いかにも農協から来たみたいな感じで話し始めたのですぐに追い返すことができませんでした。

普通ならこういう訪問のヤツはすぐ断ってんだけどな。

で、その営業マンがなかなかの話術の持ち主で、僕が「はい」しか言えないような言葉攻めにあってしまって、気がついたら「来週の日曜日に無料点検に来ますね。」なんていうことに・・・。ぐぬぬ、不覚。

で、この日に点検しますみたいなプレートを渡されて「冷蔵庫とかに貼っておいてください」とか言われました。

ああ、めんどくさ。

断りたかったのに断れなかった自分の弱さにモヤモヤしつつ、お金かからないからいいか、と。

それにしてもJA(農協)の名前を最初に出すのってどうなの?

絶対に何の契約もしないからな。と誓いました。

あと、訪問のあと1時間後だったか30分後だったかに確認の電話するからとか言ってて、電話がかかってきました。

電話の内容は農協とは提携しているだけで依頼されたんじゃないです。訪問したのはアサンテですよ。みたいな。変なプレート渡されてるから断ってもめんどくさいし。もういや。

勘違いして訴える人がいっぱいいるんだろうなと思い、さらに不信感が・・・。

無料点検してもらった

点検は訪問があった日の1週間後の日曜日。朝9時半という約束で、時間ぴったりに来ました。

床下収納のところから床下にもぐって、カメラで写真を撮ってもらいました。

床下は体が入れないところがあって全部は見られなかったみたいで、確認できたところはシロアリの被害はなかったようでした。

それがわかればもういいよ。用はない。

もう早く帰ってくれと思っていましたが、家の間取りを聞かれたり家の周りを調べたりとかで45分くらいかかったかな。

で、奥さんがいるときにまた来ます、とか言って夕方の5時くらいに来るとのこと。

もう来なくていいよ。とは言えず。

次は契約させる気で来るんだろ。

ああ面倒くさい。

営業マンが勝負にきたのでさらっと帰ってもらった

その日の夕方5時、約束通りアサンテの営業マンがきました。

玄関を開けて中に入ってもらうと、いきなり靴を脱ぎはじめました。

ちょちょ、ちょっと待って

玄関先でおねがいします。と伝えました。断りなく家にあがろうとしてきた。本当にびっくり。

奥さんは?というので今忙しいからと断りました。(巻き込みたくない!!)

で、話が始まって向こうのペースになる前にこう言いました。

「何も契約するつもりはありませんので説明はさらっとお願いします。」

そうしたら本当にさらっと説明してくれて、数分で帰ってくれました。

見積もりとか入っていました。

あの営業テクは会社がやらせているのかは知りませんが、なかなか見事でした。してやられたという感じですね。

しっかり断ったら無理やり勧めてくることもありませんでしたので安心しました。

あ、名刺みたら営業じゃなくて調査員という肩書きでした。(優秀な調査員でした。)

それにしてもJA(農協)の名前を最初に出すのってどうなの?(2回目)

同じ思いをした方がいましたらコメントいただけるとうれしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。