オーディオ

LinkBudsって高くない?思い切って買ってみてSBH82Dと比較してみたら全然違った。この値段に納得だわ。

ソニーの耳をふさがないイヤホンWF-L900(LinkBuds)を買いました。

ドーナツみたいに穴があいていて外の音が直接聞こえるというイヤホンなんですが、価格が2万円くらいということで買うにはなかなかの勇気が・・・。

というのも、耳の穴をふさがないイヤホンというのは音漏れしやすかったり音質がよくなかったりといった問題が必ずあるからです。

思い切って買ってしまった経緯や感想を正直にレビューしていきます。(レビュー依頼されたわけではありません)

実は僕、この耳の穴をふさがないイヤホンが大好物です。

この手のイヤホンを買うのは3つ目で

1つ目は有線のambie(アンビー)
2つ目はソニーのSBH82D

どちらも1万円以下の価格だから2万円超えのLinkBudsと比較するのもどうかと思いましたが比べてみました。うん。

LinkBudsと有線ambie(アンビー)を比較

本当ならワイヤレスのambie(アンビー)と比較したいところなのですが、使ってみたことがないので有線のambie(アンビー)で比較します。

このambie(アンビー)も今は娘にあげてしまったので手元にはありませんが、人生で最も愛用したイヤホンです。

有線ambie(アンビー)

どちらかというと、外の音を聞くことに重点をおいたような感じで、音漏れはしまくるし音質も低音が全然だったりで音楽をしっかり聴くためのイヤホンではありません。

僕はこの有線アンビーをランニングのときに使っていたのですが、車が近づく音など周囲の音がしっかりと聞こえるので快適に走ることができました。(今はランニングはサボり中です。コロナのせいだ。)

耳にはさんでいるので痛くなりそうな気がしますが、僕の場合は痛みは全くなく長時間つけていても不快になることはありませんでした。カナル型イヤホンより全然快適でした。

LinkBudsはというと

アンビーと比較すると、明らかに音質がよく音質重視のながら聴きイヤホンです。

アンビーより耳の近くで音が鳴っているので音漏れも少ないのですが、音楽を聴きながら会話をする場合、音量をかなり落とさないと話し声が聞き取りにくかったです。

スピーク・トゥ・チャットという機能があって自分が話し始めると音楽が自動でオフになってくれます。会話するときは音楽はオフにしたほうがいいかな。

あと、ambie(アンビー)は運動していても外れる気はしませんでしたが、LinkBudsは外れる気がして走ったりするのは怖いです。

LinkBudsをつけて、頭を強く振っても落ちたりはしなかったのでランニング、ジョギングにも使えそうではありますが、まだ使ってみる勇気はないです。

LinkBudsとSBH82Dを比較

SBH82Dは動画視聴用に購入したイヤホンです。

関係ないけど、このSBH82Dを耳から外すときに雑に引っ張ったら折れちゃいました。調べてみると同じように折れた人がいっぱいいてうれしいような悲しいような気持ちに・・・。瞬間接着剤でくっつけました。

SBH82D

やはり低音は弱く音質がいいとは言えません。有線アンビーより音質はいいような気はします。

軽い感じで装着できるので長時間つけていてもあまり疲れません。(実際の重量も25.5gと軽い)そのかわりこれを付けてランニングはムリです。

外の音は有線アンビーと同じくらいよく聞こえます。SBH82Dも外の音を聞くことに重点をおいたイヤホンです。

LinkBuds

片耳4.1gという軽さで慣れるとつけっぱなしでも全然疲れないし完全ワイヤレスだからケーブルのわずらわしさがなくて本当に快適です。

SBH82Dとの音質の違いは明らかで聴き比べるとLinkBudsの良さが実感できます。

価格差を考えると当然なんですが、装着感、音質はSBH82Dより数段上だと言えます。

LinkBudsのここがイマイチ

LinkBudsが気に入りすぎて購入してから毎日使っていますが、イマイチなところもあります。

・バッテリー持ちが悪い
・マルチポイント非対応

バッテリー持ちが悪いのはLinkBudsのバッテリー容量を小さくして軽くしているから。バッテリー持ちをよくしようとすると本体は重くなってしまいます。最高のつけ心地のためにバッテリーは小さくされてしまったということなんでしょう。

自分が話し始めると音楽が自動でオフになるスピーク・トゥ・チャットや圧縮音源をハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングするDSEEなどの機能をONにするとさらにバッテリーの持ちが悪くなります。

なんの設定もしない状態で5.5時間再生可能なのでいろいろな設定をONにすると2、3時間しか使えないということに・・・。

マルチポイント非対応、ということなので複数のデバイスに同時接続はできません。マルチペアリングは当然できますので複数登録はできます。

マルチポイント対応なイヤホンが最近増えてきているので、対応してほしかったですね。

LinkBudsはこんな人におすすめ

・耳の穴をふさがないイヤホンが大好物な人
・音質に期待できないことを知っている。
・カナル型イヤホンが嫌い
・音楽を聴きながら飲んだり食べたりしたい人

耳の穴をふさがないイヤホンを使ったことがある人で、もっといい音で聴きたい、音漏れも少ないほうがいい、という人にはおすすめです。

音質にこだわりがなければ十分満足できる音です。外の音を直接聞けるイヤホンの中では最高レベルだと思います。

つけ心地は人によるので何とも言えませんが、僕は快適で何時間でもつけていられる感じです。

なによりイヤホンで音を聴きながら食べたり飲んだりしても咀嚼音が耳元でうるさくなることがなくイヤホンなしと変わらないのが最高。これが一番重要かも。

ちょっと褒めすぎましたが、レビュー依頼されたわけではなく自腹購入しています。今まで買ったイヤホンのなかで一番のお気に入りになりそう。

2万円? これならそのくらいするよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。