パソコン・スマホ

HEICって何?iphoneの写真がWindowsで見れないときはjpgにしよう

iPhoneの写真をパソコンで編集しようかなと思ったら写真を開くことができなくてファイルを見てみるとJPGじゃなくてHEICっていう拡張子だったんですね。

コレだいぶ前からiPhoneの写真はHEICだったみたいで今更なんだけどiPhoneの設定を変えました。あと、ドロップボックスでiPhoneの写真をアップロードするとjpgになってるのでこちらも紹介します。

iPhoneの設定で撮影した写真をjpg保存にする方法

設定を開く

「カメラ」

次は「フォーマット」

で、互換性優先にする

以上です。

HEICはファイルサイズを減らすためのappleの優しさ?。でもmac使ってる人はいいけどWindows使ってる人にとってはどうなんだろう。これが標準になる日も来るかもしれないが、互換性は大事にしてほしいな。

なんで僕が気づかなかったのかというと、僕はドロップボックスを使ってパソコンで編集する写真をアップロードしてたんだけど、なぜかドロップボックスでiPhoneの写真をアップロードするとheicがjpgになってたんです。全然気が付かなかった。

ドロップボックスでiPhoneの写真をアップロードする方法

ドロップボックスアプリから

画面下の+マークの「作成」を押す

「写真をアップロード」

写真を選択して「次へ」

アップロード先のファイルを選んで「アップロード」

これでアップロードできます。

ドロップボックス

他のクラウドサービスでも試してみましたが、ドロップボックスだけがJPGになりました。試したのはグーグルドライブ(グーグルフォト)、BOX、ワンドライブの3つです。どれもHEICのままアップロードされました。

ドロップボックスよりもグーグルドライブやBOXのほうが使い勝手がよくなってきてきているのですが、昔からドロップボックス使ってるのでどうしても離れられない僕でした。

iPhone使ってるならMacにすればいいのにという意見はごもっともとしか言いようがありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です