生活

ハヤシライスの具にジャガイモと人参入れるのって変?いやいや美味しいでしょ。

ハヤシライスの具材といえば、牛肉と玉ねぎが普通ですが、うちのハヤシライスの具材は、豚肉、玉ねぎ、ジャガイモ、人参。

・・・カレーですか?っていうね。

でも大丈夫。普通に美味しいし、この具が変なんて思わないし思わせないぞ。

じゃがいも入りハヤシライスの美味しい作り方

市販のルーを使うからどう作ったって美味しいんだけどね。

1.ジャガイモだけを炒めて取り出しておく
2.玉ねぎ、人参、豚肉を炒める
3.水を入れ煮込んだ後ルーを入れる
4.ジャガイモを入れて煮込む

水の分量や手順はルーの箱に書いてある作り方を軽く参考に。

1.ジャガイモだけを炒めて取り出しておく

ジャガイモは好みの大きさに切る。
今回は一般的な乱切りにしておいた。いつもは火が通りやすいようにもっと小さめにしている。

いい感じに焦げ目がついて火が通ったらいったん取り出しておく。

ジャガイモは煮込みすぎると溶けちゃってハヤシライスソースの舌触りがザラザラになってしまうので最初に火を通しておいて最後に入れるという作戦だ。逆に溶けそうなジャガイモが好みならムリに先に炒めて取り出す必要はない。

家族に必ず一人は文句をいうやつがいるので、そいつの好みにしてやればいい。

2.玉ねぎ、人参、豚肉を炒める

玉ねぎは繊維を断つように薄く切り、人参は細切りにする。玉ねぎと人参はジャガイモとは逆に溶けるほど煮込みたいので火が通りやすい切り方をしている。香味野菜はよく煮込むことで甘みや旨味がでてくる。

フライパンに玉ねぎ、人参、豚肉を入れて炒める。豚肉に火が通り玉ねぎがしんなりするまで炒める。

3.水を入れ煮込んだ後ルーを入れる

水を分量通り入れて煮込む。まだじゃがいもは入れない。

5〜10分ほど煮込んだら火を止めてルーを入れて溶かす。

4.ジャガイモを入れて煮込む

ルーが溶けたらジャガイモを入れてさらに煮込む。

じゃがいもを小さめに切った場合は、完成直前に入れてもOK。

あ、盛り付け写真撮ってなかった・・・。

ジャガイモ人参入りハヤシライス 作り方のポイント

うちの場合、ジャガイモが柔らかくて舌触りがざらざらしていても誰も文句は言わない。基本的にハヤシライスはみんな好きなのでどう作っても文句を言われることがない。

市販のルウを使えばそこそこの味になるからね。

ポイント

・玉ねぎと人参はよく煮込み旨味を出したいのでなるべく小さく切る。

・ジャガイモは炒めたものを最後に入れる。そうすることによってジャガイモが溶けたときの舌触りの悪さを防ぐのと同時に食感を楽しむことができるようになる。

あまり触れなかったが、我が家に牛肉を食べる習慣はない。食卓に出てくるのは片手で数えれる程度だ。嫌いではないが特別に好きというわけでもない。だから肉を買うときに選択肢にない。高いからね(本音)

だから、ハヤシライスは豚肉か鶏肉。どっちも好きだけど豚こま肉を使うことが多い。

カレーの具材でイケるものならハヤシライスでもほとんどイケる。特におすすめはトマト、アスパラ、ピーマン。野菜以外ではチーズ、卵。

ボリュームや栄養を考えると具だくさんにしたほうがいいよね。カレーもそうだけど+サラダだけで献立終了にできるのがハヤシライスの魅力。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です