パソコン・スマホ

「素人向け」メルカリ出品写真をスマホできれいに撮る方法、自然光のない夜でも大丈夫!

メルカリ出品写真をきれいに撮りたい。調べてみると自然光で撮ると綺麗に撮影できるようだ。でも昼間は家にいないから夜に撮影したい。

僕も以前はブログとかの写真は夜に蛍光灯の光で撮影していました。家の蛍光灯は暖色系で明るさを抑えているので写真は暗くて全然魅力的に見えないのです。

写真を綺麗に撮るには、とにかく明るさが必要なんです。だから自然光、太陽の光が出ているときに撮影したほうがいいのです。

でも夜に撮影したい。

というわけで、今回は素人でも簡単にスマホで綺麗なメルカリ出品写真を撮る方法(夜撮影の場合)を紹介します。

準備する

準備するものはスマホ、LEDライト、ノート、色画用紙やテーブルクロスなど

準備しよう

・スマホ
撮影用、デジカメでもOK

・LEDライト
光源、懐中電灯など

・ノート、A4用紙
簡易レフ板、光を反射させるもの

・色画用紙、テーブルクロスなど
背景素材

撮影してみよう!

撮影素材は光が反射して撮りにくいプラスチックケースに入った爪切り。
スマホはiPhone8のオート撮影

では、まず何もぜず蛍光灯の光だけで撮影したもの。これはこれで素人感があっていい?

ノートを開いて立ててA4用紙を丸くいれ簡易レフ板を作りライトで光をあてる。
背景に薄めの色画用紙を敷いてみた。

撮影したものがこれ

背景を変えて

昼間に撮ったように見える。なかなかよいよ。

だが、ケースの汚れが見えにくい。汚れを光でごまかさないほうが購入者がガッカリしないだろう。

A4用紙を背景にしてみた
かなり見た目が近づいたぞ。

文字とか入れちゃって

では、今一度最初に撮影したものと比較してみましょう

文字入れなど所々でセンスのなさを感じるが並べて見ると見た目はだいぶ違う。商品撮影は購入者にとって魅力的に見えることも大事だが、特に中古品は汚れ具合などをわかりやすくして購入者がガッカリしないようにしたい。

まとめ

・写真撮影は明るさが命
・直接光をあてるより反射させた方がイイ
・中古品は現物に近い見え方をする写真にする

この方法なら、ほぼ家にあるものでできます。ノートを立てて使っているのは一人撮影だからなので、手伝ってもらえる人がいればその人にライトと反射板(A4用紙や白画用紙)を持ってもらって撮影したほうがいいかもしれません。

昼間の太陽光を利用するときもレフ板で太陽光を反射させて撮影するときれいに撮ることができます。レフ板は布とかでも大丈夫です。

この記事の写真では使っていませんが、僕はこんなの使ったりしてます。夜撮影が多いんで・・・。

撮影BOX

ま、まぶしい。

テクが追いついていませんが気にしません!

以上、「素人向け」メルカリ出品写真をスマホできれいに撮る方法、自然光のない夜でも大丈夫!でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です